ミノキシジルとフィナステリドの併用のポイント - ミノキシジル育毛剤でAGA対策

ミノキシジル育毛剤でAGA対策 > ミノキシジルとフィナステリドの併用のポイント

ミノキシジルとフィナステリドの併用のポイント

ミノキシジルとフィナステリドの併用のポイント

ミノキシジルと並んでAGAの治療薬として人気が高いのがフィナステリドです。
どちらも正式に薄毛治療に効果のある、と認められている成分となっています。
ミノキシジルとフィナステリドは、薄毛に対して作用する方法が違うので併用すると効果が高いといわれています。

ミノキシジルとフィナステリドを併用するときのポイントについて調べてみました。

ミノキシジルの効果とは

ミノキシジルは発毛を促進する効果のある成分です。

ミノキシジルはもとは高血圧の治療に使われていた薬でした。
その副作用として発毛効果があることがわかり、今では薄毛治療薬として正式に認められています。

育毛剤のほかミノキシジルタブレットも人気があり、血行を促進して、細胞を活発にすることで発毛効果があるとされています。

フィナステリドの効果とは

フィナステリドは抜け毛を防ぐ効果のある成分です。

フィナステリドは女性は服用できない薬ですが、AGAの原因である抜け毛を抑え薄毛の進行を遅らせてくれる効果があります。
AGAの場合、男性ホルモンが悪玉男性ホルモンの還元されることで髪の毛が抜けてしまうのですが、その還元酵素5αリダクターゼの効果を制御してくれるのがフィナステリドです。

抜け毛が減ることで成長する前に抜けてしまっていた細くて短い髪の毛を、太く長い髪の毛にすることができるので薄毛を改善することができます。

併用する際のポイント

ミノキシジルとフィナステリドは併用すると発毛を促進し抜け毛を防ぐことができるので相乗効果が期待でき、AGAの対策を効果的に行うことができます。

ミノキシジルとフィナステリドの併用で心配なのは飲み合わせをしても平気なのか?という点ではないでしょうか?

育毛剤タイプのミノキシジルとフィナステリドを併用する場合は内臓で代謝されるのはフィナステリドのみですので飲み合わせの心配はいりません。
飲むタイプのミノキシジルタブレットと併用する場合は2種の薬を服用するわけですが、この二つは一緒に服用しても問題ないとされており、飲み合わせの点では心配がないといわれています。

むしろ、相乗効果で薄毛治療の効果が出やすくなるためそれぞれの薬の量や濃度を減らしながらでも効果があった、という報告もあります。
例えば育毛剤タイプのミノキシジルとフィナステリドを併用した場合、5%ではなく1%のミノキシジル育毛剤でも効果がでやすいケースもあります。
濃度の高い育毛剤は負担がかかるので併用することで効果が出やすくなる体質であれば、薬を減らすこともできてさらにラッキーですね!

通常のそれぞれの副作用について注意し、症状が出なければ併用することについては問題がないといえるでしょう。

効果が高くなるミノキシジルとフィナステリドの併用。
軽度の薄毛の場合はどちらか片方で改善する場合もありますが、「薄毛が進んでしまったな」などと感じる人はぜひ併用を試してみてはいかがでしょうか?