ミノキシジル配合の育毛剤を使うときに注意すべきポイント - ミノキシジル育毛剤でAGA対策

ミノキシジル育毛剤でAGA対策 > ミノキシジル配合の育毛剤を使うときに注意すべきポイント

ミノキシジル配合の育毛剤を使うときに注意すべきポイント

medicine

育毛剤に配合されているミノキシジルは、効果の高さのみに目が行きがちですが、使用時に気をつけることもあります。

ミノキシジル配合の育毛剤を使う際に知っておきたいポイントについてまとめました。

ドラックストアでも売られているミノキシジル配合の育毛剤は、濃度もそれほどなのとあくまでも外用のため、副作用が少なく安心して利用できる成分です。ただし、いくつか知っておくべきポイントがありますのでご確認ください。

副作用について

ミノキシジルは開発当初は高血圧向けの治療薬であり、その副効果として発毛することが認められています。

ミノキシジルはは高血圧の治療としてミノキシジルを服用していた患者の方が発毛効果を感じたことで検証された背景があります。血流をよくすることで、頭皮の血流がよくなり発毛が促進するのに効果があると考えられています。

ですから発毛を目的としてミノキシジルを服用しても、血圧や血流に関する反応があると考えても良いでしょう。

中にはミノキシジルを内服用として使用した時に、動悸や脈拍の上昇を感じる方もいますので、循環器系の疾患がある方は、外用の場合でも多少ですが注意が必要です。

また、肝臓や腎臓の疾患がある方は使用に関する注意が必要になるので、かかりつけの医師と相談しながら利用を決定しましょう。 飲む育毛剤のミノキシジルだけでなく、単なる風邪薬でも薬が体の中で代謝されるときには肝臓に負担をかけることから、注意喚起が行われています。

そのほか他の薬を服用している人や、持病がある方は医師に相談するほうが良いでしょう。

ミノキシジル外用薬をつかうときは濃度をチェック

内服薬としてミノキシジルを使用するときは、頭皮だけでなく体全体の毛が濃くなると感じる方もいる方が多い理由として、体内で直接、消化・吸収されるのでより毛髪や体毛への影響が強いという可能性があります。

ただし、外用薬としてミノキシジルを使用する場合、飲み薬よりも体に出る反応はかなり少ないと言われているので、育毛剤として使用するときには不安が減少しますね。

そのため、外用の育毛剤にミノキシジルを使うときは、濃度に注意するだけで十分でしょう。 高濃度のものもありますが、男性は5%、女性は1%の濃度から初めて、男性の場合は徐々に強くすることも効果的と言われています。

もちろん単純に濃度が高ければ、育毛効果が早くなるのでは無く、きちんと浸透されているかが重要になります。

頭皮のコンディションによっては、刺激が強く頭皮ダメージになる可能性もあるので、適正なミノキシジル濃度の育毛剤を使用し、頭皮のコンディションを整えることをトータルで考えましょう。

ミノキシジル外用薬を効果的に使うために

ミノキシジルは、性別に合わせた濃度で使用するなら、高い効果と安全性に期待できる育毛剤だと言われています。

ミノキシジルは、日本皮膚科学会でAGA治療において発毛効果があると高い評価のある唯一の治療薬です

同じく日本皮膚科学会で高い評価を受けている治療薬としてフィナステリド(プロペシア)がありますが、こちらは内服薬で抜け毛を防ぐ治療薬です。

AGAの治療には発毛促進のミノキシジルと脱毛抑制のフィナステリドの併用をすることで効果が高まるとされています。しかしフィナステリドはミノキシジルとは違いドラックストアなどで買うことができません。医師の処方が必要となります。

手軽に始める薄毛治療・AGA治療としてミノキシジル配合の育毛剤は適していますが、それでも育毛剤の取り扱い説明を確認してから、正しい使い方をするように心がけましょう。