育毛剤ではなく内服薬のミノキシジルを購入の際に気を付けること - ミノキシジル育毛剤でAGA対策

ミノキシジル育毛剤でAGA対策 > 育毛剤ではなく内服薬のミノキシジルを購入の際に気を付けること

育毛剤ではなく内服薬のミノキシジルを購入の際に気を付けること

img

日本でAGA治療で効果がある、つまり薄毛治療が可能な薬は、ミノキシジルとフィナステリドのみです。

ミノキシジルには発毛効果があり、フィナステリドには抜け毛を防ぐ効果があるとされ、フィナステリドは内服薬ですが、ミノキシジルには内服薬と、外用薬があります。

外用薬はドラックストアでも購入できる育毛剤で、もちろん、医師に処方してもらうこともできます。

ミノキシジルの内服薬は日本では正式には認められていませんが、病院やクリニックによっては処方してくれるところもあります。
ミノキシジルの内服薬はミノキシジルタブレット(通称ミノタブ)と呼ばれ、外用薬(育毛剤)と比べて直接体に吸収されるのでより高い育毛効果があると言われています。

ミノキシジルはもとは高血圧の薬として内服されていたものですので、副作用に気を付ければ服用自体には問題がありません。
ただし血圧が高い、低い方は注意が必要なので、血圧に不安がある方は服用は避けたほうが良いでしょう。

ミノキシジルタブレットの入手方法は?

国内のAGAクリニックで処方されるミノキシジルタブレットを使用するには、1カ月当たり7500円~3万円程度の費用が掛かります。

1年間の費用で計算するなら9万円~36万円にも上り、さらに診察や検査の費用も掛かります。 また病院で処方してもらうとなると診察の手間や時間もかかります。

これほど高額な費用や負担になるなら、育毛を強く希望していても、費用の負担がとても大きくなり続けられない可能性もあるでしょう。

育毛治療はある程度長期戦になりますので、できるだけ負担は少なくしておくことが続けるコツとなります。

そんな問題を解決してくれるのが、個人輸入での購入です。

基本的には医師の管理の下で使用するものと言われていますが、それは副作用の可能性があるからです。

しかし、副作用は誰にでも100%起こる症状ではないので、自己管理が出来る方なら個人輸入のミノキシジルを使用することが可能です。

もちろん、持病のある方や、不安のある方は医師に診察してもらってAGA治療をするようにし、ちょっとした異変があればすぐに医師に相談することが必要です。

個人輸入をする際の注意点

個人輸入をする際には注意点がありますので、ご紹介しましょう。

一番大きな注意点は、偽物薬の存在で、世界で流通している薬の半分以上が偽物だという報告もあります。

個人輸入をする際には薬が本物であるか、また決済や配送に問題がないか、といった点について調べる必要があります。

まず、ミノキシジルはプロペシアと異なり、そもそも先発薬というものが無いため、ジェネリック医薬品がありません。

そのため個人輸入をするということは、正規品であるミノキシジルを安価で購入するものだと考えて下さい。

そのため、「ジェネリック医薬品」と表記されるミノキシジルの場合には、少し注意した方が良いでしょう。

個人輸入するミノキシジルには、海外での商品名がついているので判別しにくいかもしれませんが、信頼できる代行業者を選べば、安心して購入できます。

ミノキシジルタブレットを個人輸入する場合の値段の一例として、1錠50mgが100錠1箱で3000円程度です。 複数のサイトをチェックして代替の相場を把握したうえで、ものすごく安価な商品や、決済方法不明瞭な業者は使わないようにしましょう。

個人輸入の法律的な点

個人輸入の基本的なルールがわかると、より安心して入手が出来るでしょう。

個人輸入とは海外の商品を、入手した個人が利用することを前提に直接輸入をした場合、関税等含めて余分な手続きなしに輸入ができるというルールです。

10000万円以下の本体価格でかつ、個人が利用できる分量(たとえば、3年分の薬を輸入しようとすると販売目的のみなされるなど)であれば課税対象にはならないので、ミノキシジルを個人輸入でまとめ買いするときにも役立つ知識になります。

また、現地の言葉で解説していると使用方法を把握しにくいので、この点も配慮している業者選びをするのも選び方の1つとなります。

業者によってはホームページ上に説明を掲載しているので、判断基準になるでしょう。

日本の輸入代行業者や口コミのきちんとある業者をつかうと安心できるでしょう。