ミノキシジルの初期脱毛 - ミノキシジル育毛剤でAGA対策

ミノキシジル育毛剤でAGA対策 > ミノキシジルの初期脱毛

ミノキシジルの初期脱毛

ミノキシジルの初期脱毛

ミノキシジルは血行を促進して発毛を促進する効果があり、プロペシアと並んで薄毛治療には欠かせないものになっています。
ミノキシジルについて調べているとミノキシジルを服用して初期段階で脱毛が増える現象である「初期脱毛」について目にすることも多いかと思います。
薄毛治療を始めたのにも関わらず毛が抜ける、という恐ろしい状況ですが、この現象は多くの人で見られるようです。

ミノキシジルの初期脱毛は服用を始めた直後~2か月後くらいで起こることが多いようですが、中には3か月ごろになって初期脱毛が始まる人もいます。

初期脱毛が始まると抜け毛の量が増えます。
1日に抜ける毛の量は100本程度までなら「正常」といわれますが、AGAに悩む人はさらに抜けている人もいるでしょう。
それが倍の200本や300本に及ぶこともあるといいますから、初期脱毛が恐ろしいのがわかりますね。

初期脱毛の期間は個人差が大きく、数日~1か月以上にわたる場合のほか、初期脱毛が起こらないケースもあるようです。

不安が大きい初期脱毛ですが、初期脱毛はヘアサイクルが正常になる前触れでもあります。
ミノキシジル服用後に起こる期脱毛はむしろ好転反応といえるのです。
詳しく見てみましょう。

初期脱毛が起こる理由

まず、髪の毛が成長する仕組みについて説明します。

髪の毛には髪が伸び成長する期間、現状を維持する期間、髪が老化して抜けていく期間の3つの期間があります。 それぞれ「成長期」「退行期」「休止期」と呼ばれ、この3つの周期を繰り返しています。 このサイクルを繰り返すことで髪は成長しています。

AGAの原因は成長期の髪の毛が成長せずに抜けてしまうヘアサイクルの乱れです。
太く長く髪が伸びる前に抜けてしまうため、薄毛になってしまうのです。

ミノキシジルには血行を促進して、細胞を活性化させる効果があります。
活性化した細胞は発毛を促進したり、髪の毛が太く長く成長するのを促進する効果があります。
同時に「休止期」状態の髪の細胞も促進され、毛が抜けるのが促進される状態が起こります。

これが初期脱毛です。

休止期の髪は3か月以内に抜けてしまう髪となっています。
初期脱毛抜ける髪は3か月以内に抜けてしまう予定の弱った髪ですので、抜けてしまっても問題ないのです。

髪が抜けるとそこから新しい髪の毛が生えてきますが、その髪はミノキシジルによって太く抜けにくい髪になっており、薄毛の改善が期待できます。

つまり初期脱毛は健康的なヘアサイクルを取り戻すためにおこる好転反応なのです。

ミノキシジル以外でも初期脱毛は起こるの?

ミノキシジル以外でもプロペシア(フィナステリド)や育毛剤でも初期脱毛が起こるようです。

いずれの場合でも、ヘアサイクルが正常に戻る為には成長できない古い髪は不要なので、抜ける必要があるからです。
古い髪の毛がなくなると、治療の効果が現れた太く長い髪の毛が生えてくることが期待できるようになります。

初期脱毛を終えれば健康的なヘアサイクルを取り戻せる

初期脱毛が終わり、髪の毛が正常なヘアサイクルを取り戻すと髪が成長しないまま抜けてしまう未熟な髪の毛が減り、太く長い髪の毛が生えてくるようになります。

AGA治療は時間がかかるのは、初期脱毛を経て、通常のヘアサイクルを取り戻すには時間を要するからです。
初期脱毛がおこったら、次に生えてくる髪の毛を強くするチャンスととらえて対策をすると薄毛治療が効果的に行えるでしょう。