ミノキシジルタブレットとミノキシジル育毛剤の違い - ミノキシジル育毛剤でAGA対策

ミノキシジル育毛剤でAGA対策 > ミノキシジルタブレットとミノキシジル育毛剤の違い

ミノキシジルタブレットとミノキシジル育毛剤の違い

ミノキシジルタブレットと育毛剤の違い

日本で医学的認められているAGA治療は「ミノキシジルの外用薬」と「フィナステリドの内服」ですが、ミノキシジルには内服薬が存在します。

ミノキシジルの内服薬はミノキシジルタブレットと言われており、一部のAGAクリニックや個人輸入などで手に入れることができます。
AGAに効果が高いとされていますが、すこし副作用の危険性が上がるので日本では外用薬のみが正式に認められています。

ミノキシジルタブレットと育毛剤の違いにはどんな点があるのでしょうか?

育毛剤には2種類ある

育毛剤にはミノキシジルが配合されているものとミノキシジルが配合されていないものの2種類があります。

ミノキシジルが配合されているものは「医薬品」で配合されていないものは「化粧品」もしくは「医薬部外品」に分類されます。

化粧品、医薬部外品の育毛剤は、育毛に効果があるとされる成分が配合されていますが、医薬品ではないため効果が穏やかであるといえます。
ただし、副作用も出にくいので安心して育毛剤を使用できるメリットがあります。

一方ミノキシジルの配合されている育毛剤は「医薬品」ですので、医学的に効果があると証明されています。

医師に処方してもらうほか、ドラックストアなどでも購入することができますが、薬剤師の説明をうけてから購入する第一類医薬品となっています。

効果が高いとされていますが、ミノキシジルは血流を促進し、細胞を活性化させることで発毛を促す成分なので、塗布では血管や細胞に十分な有効成分がいきわたらない可能性があります。

そこでさらに効果が高いとされているのがミノキシジルタブレットです。

ミノキシジルタブレットとミノキシジル育毛剤の違い

一つ目の大きな違いは副作用です。

ミノキシジルタブレットは直接体に取り入れることができるので育毛剤より効果が高いといわれています。

ミノキシジル自体はもともと高血圧の薬として服用されていたものですが、その副作用で発毛効果があることがわかり現在は薄毛治療に使われているという経緯があります。
ですから服用自体は問題ないのですが、現在は高血圧の薬としての利用はほとんどされていません。

これは動悸や息切れ、めまい倦怠感などの低血圧の副作用があるためほかの薬が利用されています。

ミノキシジルタブレットは副作用の危険性があることを理解しておく必要があります。
ただし、血圧の薬として利用する場合は容量の大きいものを利用しているので通常であれば副作用が出ることは少ないといえるでしょう。

ミノキシジル育毛剤はこの副作用をさらに抑えるために外用薬にしたものなのです。

二つ目は入手方法です。

ミノキシジルタブレットは正式には発毛効果があると日本では認められていないので入手できる場所が限られています。

一部のAGAクリニックでは処方してくれることもありますが、外用薬のミノキシジルしか処方してくれない病院もあるので病院で手に入れる場合は事前に確認したほうが良いかもしれません。

そのほかに海外の製品を個人輸入で手に入れることもできます。
個人輸入の場合はミノキシジル育毛剤も海外の製品がありますのいろいろと比較して自分にある治療薬を見つけてみましょう。