ミノキシジル入り育毛剤を薦める3つの理由 - ミノキシジル育毛剤でAGA対策

ミノキシジル育毛剤でAGA対策 > ミノキシジル入り育毛剤を薦める3つの理由

ミノキシジル入り育毛剤を薦める3つの理由

日本皮膚科学会で正式に薄毛治療薬としてみとめられているミノキシジル。

ミノキシジル入り育毛剤について、副作用に不安のあるかた、効果に疑問を持っている方もいるかと思いますが、ミノキシジルが安全面、効果などの面で現時点では最も信頼できる成分といえます。そのおすすめポイントについてまとめてみました。

hair

ミノキシジルを薦める理由 その1

育毛成分としてミノキシジルを薦めるポイントの1つ目に、その安全性があります。

厚生労働省において外用薬として使用する場合の効果の高さを認めていることや、本来医薬品として開発されたものであること、そして、現在のところ重篤な副作用の報告がないことが確認されています。

使用の際の注意点などの情報も、詳細に公開しているため、安心できる育毛成分だと言われています。

ミノキシジルは本来は高血圧の治療薬として利用されていたものでした。ところが、この薬を服用していた患者の方から発毛効果が認められ、詳しく調べたところ発毛に効果があることがわかり、正式にAGA治療薬として認可されるようになった背景があります。

ミノキシジルは本来の目的である高血圧の薬として効果を確かめていますし、育毛剤に応用する際にもその効果などに関して検証しているのが信頼できる理由でしょう。

なによりも、育毛剤としてのミノキシジルは、内服や高血圧の治療薬と比べると含有量は格段に少なくなっているため、副作用についてのリスクも激減しています。

厚生労働省ではミノキシジルを使用した育毛剤の一部の商品に対して販売後調査も行っており、高含有率の商品で起こっている反応は、医師が認める副作用には該当しないと発表していますので、大きな問題はないと考えて良いでしょう。

ただし、これは外用薬(育毛剤)の話で、内服薬としてミノキシジルを使用することが、厚生労働省では、まだ承認を出していません。

当然、内服薬のほうが効果が高く、AGAクリニックでは多くの場合ミノキシジルの内服薬が処方されています。 高血圧の薬として内服されていたという歴史を考えると、服用することに問題はなく大きな副作用が起こるものではありませんが、血圧に不安のあるかたは服用を避けるようにしましょう。

ミノキシジルを薦める理由 その2

ミノキシジルの効果に関しては、日本皮膚科学会でも検証しており、2010年版の男性型脱毛症(AGA)診療外ドラインでも推奨レベルが高い評価を受けています。

このガイドラインによると「ミノキシジルによる発毛とフィナステリドによる抜け毛予防」のみが高い評価となっています。 ミノキシジルが唯一の成分であるといえる所以はここにあります。

そんなミノキシジル配合育毛剤は、男性向けで5%、女性用であれば1%といった濃度であれば、リアップシリーズとして国内の薬局やドラックストアで手軽にミノキシジル配合育毛剤を購入することができる点がおすすめのポイントです。

ミノキシジルと並ぶ薄毛改善効果のあるプロぺシアが、ドラッグストアでは購入できないことを考えると大きな利点ですね。

もっと高濃度でミノキシジルを配合している男性向けの育毛剤の場合は、海外旅行の際に購入したり、個人輸入や医師の処方で使用する必要があります。

ミノキシジルを薦める理由 その3

ミノキシジルを薦めるポイントの3つ目に、「値段効果も自分もに合わせた使い方が出来る」という柔軟性です。

配合率を控えめにしても浸透率が高ければ、発毛効果に期待できるため、比較的安価なミノキシジル配合育毛剤も、浸透させるためのマッサージや、浸透を促す成分があれば、育毛剤の効果にも満足できると考えられています。

以上が、ミノキシジルを薦めるポイントなので、参考にして下さい。