最後の切り札?!ミノキシジル注射とは - ミノキシジル育毛剤でAGA対策

ミノキシジル育毛剤でAGA対策 > 最後の切り札?!ミノキシジル注射とは

最後の切り札?!ミノキシジル注射とは

最後の切り札?!ミノキシジル注射とは

ミノキシジルといえば育毛剤とタブレットが定番ですが、新たな治療法としてミノキシジル注射が注目されています。

ミノキシジルを直接頭皮に注射するこの治療法が副作用も少なく効果が高いということでが噂されていますが、実態はどうなのでしょうか?
ミノキシジル駐車の全貌について調べてみました。/p>

ミノキシジル注射はここが違う!

ミノキシジルは頭皮に直接ミノキシジルを注射する形で注入する治療法です。

育毛剤では有効成分が浸透せずに流れてしまっていることも考えられます。
実際に水であっても分子の大きさが多いものは毛母細胞の奥まで浸透しずらいといわれています。

注射であれば頭皮に直接注入することができるので、浸透率も高く効果を早く実感することが可能だといいます。

また、内服薬が肝臓で代謝され全身に作用するのに比べても、ポイントを絞ってミノキシジルを注射するほうが無駄がなく効果が高い治療法であるといえるでしょう。

ミノキシジル注射は病院によってミノキシジルの濃度が違ったり、ほかに有効成分が入っている場合があったりといろいろと違いがあります。
もう一つの薄毛治療薬であるフィナステリドが入っていたり、髪や頭皮の成分であるアミノ酸が配合されていたりとそれぞれ特色がありますから、事前に説明を聞いて納得した上で利用するようにしましょう。

ミノキシジル注射は副作用はないの?

当然、ミノキシジルの成分ですから育毛剤や内服薬と同じように副作用については注意しなくてはなりません。
具体的には血圧系の疾患がある方は注射をする場合は医師によく相談したほうが良いでしょう。

しかし、実際には内服薬に比べてば副作用は穏やかであるといえます。

内服薬は肝臓で代謝をする際に、肝臓に負担をかけてしまうのに対してミノキシジル注射では頭皮ピンポイントにミノキシジルを注入することで肝臓などの内臓に負担をかけることがありません。
また、即効性があるので長期的な治療を回避することができるため体への負担を減らすこともできます。

ミノキシジル注射のデメリットは?

効果が高く即効性のあり副作用も穏やかなミノキシジル注射ですが、デメリットはあるのでしょうか?

ミノキシジル注射のデメリットは二つあります。

1点目は痛みです。

頭皮に直接注射をするわけですから、痛みは当然あります。
ミノキシジル注射の場合は1回あたり数十か所に注入をすることが多く、注射が苦手な人には少し負担になるかもしれません。

しかし、専用の注射器を用いていたり、針を使わない(ノーニードル方式)を採用しているクリニックもあり心配な人はそのような病院をえらぶとよいかと思います。

2点目は費用です。

ミノキシジル注射は1回あたり1万円~2.5万円ほどが相場のようで、5~10回ほど注射するケースが多いようです。
ただしこれは病院によって異なるので確認が必要です。

10万円以上の高額な治療費と、通院する必要があるのでコストと手間がかかるのは事実でしょう。

施術できるクリニックがそこまで多くはないのが現状ですが、効果の高いミノキシジル注射について気になった方は切り札として利用を検討してみてはいかがでしょうか?