注意すべきミノキシジルの副作用 - ミノキシジル育毛剤でAGA対策

ミノキシジル育毛剤でAGA対策 > 注意すべきミノキシジルの副作用

注意すべきミノキシジルの副作用

注意すべきミノキシジルの副作用

最強の育毛成分ともいわれるミノキシジルですが、使用にあたって注意する点がいくつかあります。
ミノキシジル外用薬(育毛剤)の場合とミノキシジル内服薬(ミノキシジルタブレット)それぞれの注意点にについて調べてみました。 ミノキシジルは副作用が少ない成分とも言われていますが、注意点を把握して安全に使用しましょう。

外用薬・内服薬ともに注意する点

ミノキシジルはもとは血圧の薬だったこともあり、低血圧症状が出ることがあります。
外用薬では副作用は出にくいですが、内服する場合は少し注意が必要です。

具体的にはめまい、動機、息切れ、倦怠感などといった症状が出た場合注意が必要です。

血圧が急激に下がることで脳が反射的に神経を刺激することで低血圧症状がおこります。

血圧関係の薬を飲んでいる人や、低血圧の人、血管系に何らかの持病がある人はミノキシジルの服用は避けるようにしましょう。 しかし実際には血圧低下に使うミノキシジルは育毛目的の場合より多くなっているのでそれほど神経質になる必要は愛でしょう。

ミノキシジル外用薬の場合特に注意する点

外用薬は比較的副作用が少なくミノキシジルを利用できますが、頭皮のかぶれや赤みが出た場合は使用を中止するようにしましょう。

赤みやかゆみが出た場合、ミノキシジル自体が肌に合わない場合と、一緒に配合されている成分が肌に合わない場合の2パターンが考えられます。
前者ならミノキシジルの使用はできませんが、後者なら違う育毛剤を使うとかゆみが出ないこともあります。

アルコール類や石油系成分などかゆみが出やすい成分がわかっている人は配合されている成分を確認するとよいでしょう。

ミノキシジル内服薬の場合特に注意する点

内服薬は効果が高いとされていますが、副作用も外用薬よりは出やすいといえます。

効果が高いからか頭部以外の毛が濃くなる多毛症などの症状も報告されています。
ミノキシジルは全身の血流をよくするので当たり前といえば当たり前の話ですが、髪の毛以外の体毛が気になる人はミノキシジルの内服はしないほうが良いでしょう。

また、ミノキシジルを内服することでむくみなどの症状が起こることもあります。

これはミノキシジルによって血管が拡張され血中濃度が薄くなることで、それを緩和させようと周りの細胞が水分濃度を高めむくみが起こります。
またミノキシジルの代謝の際に肝臓や腎臓に負担がかかるので、体の水分や血圧をコントロールしている腎臓が正しく作用せずにむくみが起こってしまうこともあります。

むくみが起きてしまった場合、軽い運動やマッサージなどを行うことで改善できることもあります。
ただしむくみの症状が重い場合、ほかの臓器に負担がかかることもありますので、単なるむくみと侮らず服用をやめるなどの対策をとったほうが良いでしょう。


副作用が心配な人は内服薬は使わず外用薬を利用すると、比較的安心してミノキシジルを利用することができるでしょう。
体調の変化に留意してミノキシジルを利用すると良いですね。