AGAクリニックと皮膚科の違い - ミノキシジル育毛剤でAGA対策

ミノキシジル育毛剤でAGA対策 > AGAクリニックと皮膚科の違い

AGAクリニックと皮膚科の違い

AGAの治療や薄毛の改善に特化した専門医院が、AGAクリニックです。 一般的な皮膚科でも薄毛の治療はできますが、AGAクリニックとの間にどのような違いがあるのでしょうか。

AGA治療を専門で行うAGAクリニックと皮膚科での薄毛治療について相違点をまとめてみました。

clinic

AGAクリニックは専門知識が豊富

AGAクリニックは専門の治療を行っているので、AGAや薄毛に関する症例数を数多く経験している医師に相談できます。

医師も専門分野に特化しているので経験数も豊富で、蓄積されたノウハウの活用が出来ます。 治療に関する柔軟な対応や使用できる薬、検査にも優れているのが特徴だと言えます。

AGA治療は基本的に自費診療

AGA治療は1か月に一度の通院スパンであることや、専門的な治療を受けることから費用は少し高めなのがデメリットだと言う方もいます。

AGA治療では治療費と初診料・再診料を含めて、1か月に2万円が目安になり、別途薬の料金がかかります。 一般的に薄毛治療は健康保険対象外なので、高額になるため、そこは皮膚科でも変わりません。

ある程度高いお金を払うのですから信頼できる医師に任せたほうが安心できるでしょう。

皮膚科のほうが費用が少なめで通院スパンも長めなところが多い

一般的な皮膚科を利用した場合、通院スパンが2~3か月に一度程度なのと費用が月に1万円程度なので、通いやすいと言う方もいます。

ただし皮膚科の場合、最初は頭皮の炎症を抑える薬などを処方して終わり、ということも少なくありません。

AGAによる脱毛の場合は頭皮の炎症を改善しても発毛しません。AGAの治療には男性ホルモンが抜け毛ホルモンに変化するのを防ぎ、髪の成長サイクルを正常にする必要があります。

AGA治療で使われるミノキシジルやプロペシアを処方するとAGAクリニックと変わらなかった、むしろ高かったということもあるようです。

そのため、費用の違いは、皮膚科医と言うだけでAGAを専門的に診察しているのではないため、治療効果には疑問符が付くでしょう。

副作用などの相談は皮膚科でもできるが、違う治療の提案などはAGAクリニックが断然詳しい

ミノキシジルやプロペシアの処方をしてもらいたいとはっきりと目的が決まっている場合は、皮膚科での診察でもよいかもしれません。

しかし、効果は感じられない、別の治療を試したい、などといった治療に関する相談は皮膚科では専門的な知識が少ないので満足いく回答が得られない場合があります。

AGAクリニックの中には、最新の治療方法や検査機器を取り入れている病院もありますので病院選びに間違いがなければ、優れた治療環境が選べるのがメリットですで、現在の治療の効果が薄い場合、AGAクリニックではカクテルなどと呼ばれる育毛成分を直接頭皮に注射する治療法などを受けることができます。

例えばAGAクリニックでは、ミノキシジルでは効果が薄いと感じても、男性のみプロペシアを使用した治療に変更したり、ほかの最新に治療に変更することができます。

良い兆しであっても素人目には大量の脱毛と映る好転反転が起こっても、一人で悩まずに育毛できるのはAGAクリニックを利用しているからだと言う意見もあります。

セルフケアで改善するのも良いですが、出来るだけ確実に短期間で発毛したい方は、AGAクリニックを利用するのも選択肢になるでしょう。

専門的な治療を行うほうが結果的に薄毛克服の近道となるだけでなく、費用面でも節約できることが多いでしょう。

通院の時間や距離などがネックの場合は、処方されている薬に対して副作用と思われる症状があれば、皮膚科でもAGA専門クリニックでも医師に相談することは可能です。